派遣大発見
00022

DTPオペレーター

DTPオペレーターはどのように働ける?
編集部

DTPオペレーターとは

DTPオペレーターとは、Desk Top Publishingの略で、パソコンを使って原稿作成や編集、デザイン、レイアウトを行い主に印刷物を作成することをいいます。 フォトショップやイラストレーターなどの専門のソフトを使って作業するのですが、基本的に印刷物を仕上げるまでというのが仕事なので、実際の色やインクなどアナログ的な、印刷の知識も必要になります。印刷所と直接やりとりすることも多いです。 かつて、印刷までの作業、デザイン、版下作成、製版などの専門家に分業されていたのですが、現在では、作業をDTPソフトで一元化して操作できるオペレーターが請け負うようになりました。

DTPオペレーターに向いている人

編集者やディレクターから指示を受けてデザインを作りあげます、的確に細かい所まで正確に仕上げるのが必要になります。フォントを選んだり、行間や字間を調整したり、写真などを貼りこむ、などミリ単位の緻密な作業が続きます。また、誤字などもあってはならないので、集中力のある、根気強い性格の人が向いているでしょう。 常に納期を意識しないと成り立たない職業なので、スケジュール管理、人間関係などのコミュニケーションもして、意思の疎通が滞りなくできるのが最低条件です。 横文字でかっこいいイメージもありますが、デザイナーとは違う職種だということを理解しないといけません。センスがもとめられるというよりは、クライアント、ディレクター、消費者の気持ちを理解し、その要望に120%で答えることができるのが、よいDTPオペレーターです。

DTPオペレーターの働き方

印刷物をとりあつかう業種は様々なので、派遣先も様々です。また取り扱う商品も違い、社内報、パッケージ、雑誌、小冊、ポスター、パンフレット、店頭宣伝物、チラシ、など多岐にわたります。 作業領域も、ほぼできあがったものを少し修正などをする程度で、その分、納品物が大量であったりする場合と、ほとんどなにも指示のない状態から、デザイン、レイアウト、入稿まで全ての作業をし、一つのものに割く時間が長い場合があります。会社ごとにDTPの捉え方が違い、仕事の幅が全然違います。なので、派遣会社には、自分の希望を伝え、吟味しましょう。 夜中まで残業などをやりたくない場合は、その旨を伝えましょう。実際この職種は、2交代で夜中までやることもあるので、逆に夜中だけの勤務などというスタイルもとることができます。 1人のDTPオペレーターに負担がかかりすぎないよう、常識的な勤務時間内で派遣元の会社が調整してくれるでしょう。

Return Top