派遣大発見
00009
2014年12月17日

派遣法改悪案って何? 生涯派遣や正社員ゼロの真実

"本当に労働者派遣法派遣法の改正案は悪法なのでしょうか?それとも、現行よりも改善されるところがあるのでしょうか? "
編集部

労働者派遣法派遣法の改正案

労働者派遣法派遣法の改正案は悪法か

現在、労働者派遣法派遣法の改正案に対する審議が国会において行われており、この法律を改正しようとする与党と、改正に対して反対している野党間が真正面から対立しています。今回の労働者派遣法派遣法の改正案に関しては、非正規雇用が拡がってくるため悪法になる、改悪であるというような意見も多くあるそうです。しかしながら、本当に労働者派遣法派遣法の改正案は悪法なのでしょうか?それとも、現行よりも改善されるところがあるのでしょうか?

労働者派遣法派遣法の現行のものと改正案はどこが違っているか

労働者派遣法派遣法の現行のものと改正案は、どのようなところが違っているのでしょうか?ここでは、問題点について見ていきましょう。まず、労働者派遣法派遣法の具体的な改正案の中身を確認してみましょう。労働者派遣法派遣法の現行のものにおいては、専門の限られた26業種という職種については制限が派遣の受け入れ機関には無く、この他の職種については基本的に1年、最大の場合で3年という制約があります。なお、26業種というのは、機械等の開発・設計、コンピュータのシステム設計、放送番組の作成時の演出、放送番組の撮影機器の操作、計測器の事務用のものの操作、通訳・速記・翻訳・秘書、ファイリングなどがあります。しかしながら、区分けの26業種というものは、非常に問題で実際の現場において役に立たない場合が多くなっています。例えば、極端な場合には、26業種の中にあるコンピュータのシステム設計として仕事をしている際、目の前にある電話に出るのは、26業種には該当しない仕事になるので派遣法に違反する恐れがあります。

改正案では26業種を無くす

労働者派遣法派遣法の改正案においては、区分けのこの26業種を無くして、より現場段階において役に立つ法律に変えるのを目的にしています。労働者派遣法派遣法の改正案の前提としては26業種を無くすことであるため、業種に関係なく、一律で雇用期間が3年になっています。大きくこのところが取り上げられて、派遣切りに結び付くということで批判されているようです。

より現実的な内容に改正する

しかしながら、期限が単純に制限された以外に、今までは仕事をする個人とは無関係に仕事に対して規制が3年ということになっていましたが、改正案においては個人に対して規制が3年というようになっています。そのため、一律に規制強化や規制緩和をしようということでは無く、より現実的な内容に現行よりも改正するとも考えられます。

Return Top