派遣大発見
00039
2014年12月17日

派遣でも年金ってもらえるの?厚生年金か国民保険か

派遣でも厚生年金に加入することは可能です。国民年金の場合もありますが、一定の条件を満たして、正社員と同様に働けば厚生年金も獲得できます。
編集部

派遣で年金

派遣社員として初めて働くという方が心配していることは年金のことです。近年は正社員でも安定して働けることが分からなくなっている状態で、老後のことをしっかり考えている方も多いです。結論から言うと派遣でも年金を獲得することは可能です。厚生年金と国民年金が日本にはありますが、派遣でも厚生年金を獲得することができます。

厚生年金

厚生年金は比較的優良な年金として知られています。普通の会社員であれば、厚生年金に加入して老後にそれらのお金を獲得して生活できます。国民年金よりも受給額が多くなり、老後のさらなる生活の安定を狙えるのが厚生年金の特徴となっています。しっかり働いて老後に備えたいという方は、まずは厚生年金に加入することが必要となります。

国民年金

国民年金は厚生年金とは違って、受給できる金額が少ないのが特徴です。少ないとはいっても、もちろん老後の生活は何とか送れる額が受給されます。これは、自営業の方などが積み立てているもので、派遣やアルバイトの方もこちらを払っている方が多いです。近年は企業に属しながらも国民年金を自分で払うというブラック企業もあるので注意が必要です。それぞれの年金のことを知り、より老後の安定した生活を手に入れましょう。

年金はもらえるのかどうか

近年論争を巻き起こしているのが「年金はもらえるのかどうか」ということです。厚生年金の場合は月に数万円、国民年金の場合も数万円支払い、年間約十数万円が年金の積み立てとして給料から天引きされています。しかし、お年寄りの数が増加し、若者の負担が多くなる次世代では、年金がもらえないと悲観している方も多くなっています。実際に派遣やアルバイトなどが多くなっている現代で、年金の問題は尽きません

派遣で厚生年金に加入する方法

派遣社員であっても、厚生年金に加入する方法はあります。その条件となっているのが「雇用期間が2カ月以上あり、派遣会社で働く通常の社員と比較して概ね4分の3以上」です。これは派遣に関するルールで定められているので、よく理解して年金を獲得しましょう。簡単に言うと、正社員には及ばないものの、正社員並みに長期で働く人は厚生年金に加入できるということです。

国民年金の場合

国民年金の場合は、派遣先が点々となっている方や日数・時間が少ない方が加入します。派遣を行っている方の中には、国民年金などの支払いができない方も多く、実際に老後が不安になっている方も多いです。給与が安定しない派遣の場合は、役所に免除申請もしくは減免申請を行って負担を軽減してもらう方法もあります。

Return Top