派遣大発見
00042
2016年12月20日

派遣会社が意外とチェックしているスタッフの評価ポイントとは?

派遣会社が意外とチェックしている知られざる評価項目教えます!
編集部

派遣会社は登録者全員へ平等に仕事を紹介するわけではありません。ものすごく高待遇な仕事が10個あったとしても、それらは全て派遣会社のメンツを守れそうなデキる人にしか紹介されないのです。 つまり「なかなか良い仕事を紹介されない」という人は派遣会社から知らないうちに悪く評価されている可能性が高いでしょう。 では、具体的に派遣会社はスタッフのどこを評価しているのでしょうか? 今回は特に評価するポイントをご紹介したいと思います。

派遣会社が特にチェックしているポイントとは?

「ぴったりな仕事を紹介する=その人の評価に見合った仕事しか紹介しない」という派遣の仕組み特有の落とし穴にハマらないために、派遣会社が特にチェックしているポイントを知っておきましょう。

派遣スタッフの目標は関係ない

登録会や面接で自分の目標やキャリアプランをやたら伝えたがる人が多いですが、正直いってあまり意味がないと思います。派遣会社は「派遣先に派遣しても問題ない人材か?」「人材として価値があるか?」をチェックしており、重要視しているのはスキルと人間性です。

遅刻・欠席は致命的

最初の派遣登録会や派遣先への勤務で遅刻や欠席をしてしまった場合、あなたの評価は確実に下がると思っておいてください。 特に連絡なしの遅刻・欠席は一発アウトのレッドカード。派遣登録会の日程を変更するのもできれば避けたほうがいいでしょう。 社会人としては当たり前ですが、認識していても陥ってしまうケースは少なくないので普段から気を付けておいた方がいいと思います。

平均的なコミュニケーション能力

専門性の高い仕事や待遇の良い仕事はもちろんスキルが求められますが、まず最初に求められるのは平均的なコミュニケーション能力です。 登録会や面接での受け答えや電話・メールでの派遣先とのやりとりなど、社会人として最低限レベルのコミュニケーション能力がないと判断された場合は仕事の紹介は期待できないかもしれません。ホウレンソウの徹底や連絡における言葉づかい・分かりやすさを特に意識しましょう。 逆にコミュニケーションを上手く取り、派遣会社の人に気に入られればいい仕事が舞い込んでくるチャンスです。

見た目も重要な評価ポイント

顔採用も当然あるように、見た目も派遣では重要視されます。具体的に言うと、顔や髪型、清潔感、服装など細かく評価されているはずです。 派遣会社とは最初の登録会や面接以外であまり顔を合わせることもないので、実際に会う際には特に気を使いましょう。

Return Top